看護学校の学費

top

看護大学の年間授業料はいくらなのか?

 看護師を目指す友人の姉を悩ませるものは、家事しながらの勉強の他に、看護学校の学費がある。 そっか、学費かぁ。私も大学時代、莫大なお金を親に投資させていたわけだ。 それなのに、単位を落としたり、授業をさぼったり、今考えると本当に親に申し訳ないと思う。

 あの時、私は統計学を専門的に学んでいて、じゃあ、マーケティング系の仕事についたかと言えばそんなことはなくて、 全然関係ないクレジットのシステム開発に携わっている。何だったんだ、あの4年間は・・・・。 その話を聞いた友人の姉は、「その時間はきっと貴方のお父さんやお母さんが、多額のお金をつぎ込む価値が大いにある素敵な時間だったと思う」と言った。

 その友人の姉は高卒で、大学を出ていない。高校を卒業したタイミングで結婚したからだ。 家事に追われながら、ふと、大学に行きたかったなと思うようになったという。 看護大学の年間授業料は150万くらいすると聞いて、私はぎょっとしてしまった。 確か私の通ってた大学は100万以下だったなぁ。うちの大学が安いのか、看護大学が高いのか。 専門なら30万程度で済むのに、何で私は大学にこだわっちゃうのだろう、と友人の姉が自問自答する。 聞くと、その心の奥底にあるキャンパスライフへの憧れを告白してくれた。

 いつも可愛い服着て、カジュアルな鞄を肩にかけて、電車に乗っている貴方を見かけるたびに羨ましいと思っていた、と。 その人がいう『多額のお金をつぎ込む価値が大いにある素敵な時間』を、ただ流されるままに、使ってしまったこと、私は今すごく後悔している。

Copyright (C) 看護師に最短でなるために All Rights Reserved